コラーゲンは、もともと私たちの体内にあるものでもあります。

外から補いますが、実際には、体内に含まれているものです。

 

私たちの体の中のタンパク質にあるもので、
その中の30%ほどがコラーゲンと言われています。

 

もともと、体の中の成分で体の至る所にあります。
コラーゲンはサプリメントやドリンクによって、
摂取する人が多いでしょうし、
自分のたちの体にもともとあるものとは
思えないかもしれません。

 

外からちゃんと摂取しないといけないものでもありますが、
体内にあるものなら、もう摂取しなくてもいいもののように
感じますね。

 

コラーゲンが体のどの部分に多く含まれているのでしょうか。
それは、皮膚です。
皮膚には、体全体の4割程度が含まれています。

 

そのため、多くの人が、皮膚のためにコラーゲンを飲んでいるんですね。

皮膚に40%程度ある

コラーゲンは、体内に含まれているものですが、
これは、皮膚に40%程度あるもので、
他にはどこに含まれいているのでしょうか。

 

それは、骨や軟骨です。
そのため、コラーゲンが不足すると、骨に異常がきてしまうことがあります。
皮膚に4割程度あっても、他の体の器官に
何らかの異常があったり、生命維持に必要な部分に
コラーゲンが足りていなかったりすると、
どんなにコラーゲンを摂取しても、
それは皮膚には使われずに、もっと体に必要な部分に運ばれます。

 

それだけコラーゲンは、体にとって必要なもので、
美容だけの目的で使用するものではないのです。

 

美容が目的でコラーゲンを摂取している人が
ほとんどでしょうが、実際にはコラーゲンは
体にとても必要な成分です。

 

そのため、美容だけでの目的で、摂っていても
あまり実感がわかない時もあります。

 

健康であることがコラーゲンを摂るために
必要な条件ですね。