コラーゲンをちゃんと飲んでいるのに、なかなか効果が出ないことがあります。

あまり実感できないような、どうしてなのかはいろいろな理由があります。

 

コラーゲンは年齢を重ねないとそれほど、摂取しても
意味がありません。
若いうちは、それなりに体になるので、あまり実感はありません。

 

若いうちには、コラーゲンは十分ですし、
それ以上とっても、あまり必要がありません。
美容のために飲んでいる人もいるようですが、
それほど効果はありません。

 

コラーゲンを摂っていくとしたら、30代からですね。
そうでないと、摂取しても実感がわきません。

 

コラーゲンは年齢とともに減少していくものですから、
40代、50代になって、さらに実感していくものかもしれません。

 

また、他にも、もともと皮脂の多い人には、それほどの
変化はないようです。

 

皮脂の分泌の多い人は、コラーゲンを摂っても
あまり意味がないようです。

できるだけコラーゲンの実感を早めに得たいことがありますね。

肌が荒れていたり、疲れてたり、
化粧のりを良くしたかったり、大事なデートがあったり、
いろいろな理由があります。

 

しかし、そんなに都合のよい方法があるのでしょうか。
摂取サイクルを変えていくのがいいですね。

 

そして、飲む分量も変えていくのがいいです。
サイクルと同時に飲む分量を変えることによって、
肌に刺激がいきます。

 

最初に、飲む分量を通常の2倍のものを摂取して、
それから毎日飲まずに、1週間おきぐらいに、
もう一度飲み始めたり、また飲む分量を
かえたりなど、工夫が必要です。

 

そのようにしていくことで、肌へのコラーゲンの伝わり方が違ってきます。
しかし、コラーゲンをあまり多めに摂っても意味がありません。

 

2倍が限界なので、気をつけたいですね。
目安量を守って普段は飲んでいくのが大事ですし、
たまに多めの分量を飲む程度がいいですね。